自分で開業するよりも安全!フランチャイズのメリットとは


フランチャイズは本部に手助けしてもらうスタイル

自分で起業をするときには自己資金をすべて用意しないといけません。膨大な費用がかかってしまいますが、フランチャイズならそんな心配はありません。フランチャイズは本部に加盟を行い本部の持っている看板を利用できるのが特徴です。それだけでなく本部が物件やお店の建築費用をすべて賄ってくれるので自分で投資する金額が加盟金のみで済みます。加盟している間はロイヤリティを支払う必要がありますが、それでも自分で起業するよりも安全性が高いです。本部の持っている看板を利用するとスタート時に、本部の知名度を利用してお客さんを呼び込むことができます。また商品はすべて本部が仕入れてくれるので問屋などとパイプを作る手間も省けます。

プライベートブランドや資金力の強さが魅力

フランチャイズは本部の持っている商品を自分の加盟店で扱うことができます。多くのサービスではプライベートブランドと呼ばれる商品を扱っています。これはスーパーマーケットなどが自社で企画した商品で、製造は業務委託を利用しているのが特徴です。プライベートブランドのメリットはメーカー商品に比べて非常に安価な金額でお客さんに商品を提供できる部分です。またプライベートブランドを作るにはそれなりの資金力が必要で、そこらへんの小売業者が簡単に真似できません。これだけで他店と差別化をすることができます。他に本部がたくさん仕入れることによりメーカー商品も安くお客さんに提供できるメリットも強みです。資金力のある企業に加盟をすれば有利に商売を進められるでしょう。

フランチャイズ募集が多いコンビニ経営は、お店の看板とノウハウが使えて年配の方でも始めやすいです。店側・経営者側、どちらもメリットが多く見込めます。