知っておくと便利!医療機関で違う精神科の治療!


3つの医療機関の特徴!

医療機関ごとで精神科の選び方はそれぞれに特徴があるので、予約のしやすさと通いやすさや医療機関の治療内容などで選びます。また自分の症状や生活スタイルなども選ぶときの大切なポイントになります。入院用のベットを持たない医療機関が精神科診療所です。ここに通う患者にとって便利なことは、交通アクセスの良い場所にあったり受診する場合の気軽さです。他にも診療療法士のカウンセリングが受けれたり、デイケアが充実しているなど様々です。精神科病院は入院可能で複数の精神科医が常駐しています。また作業療法士やケースワーカーなども充実しています。総合病院は精神科以外にも沢山の診療科があるので、精神の病気と一緒に他の疾患などを診て貰えると言うメリットがあります。

公的制度利用と10割負担!

治療に掛かる一般的な費用は公的医療保険の自己負担額で支払います。その病気の症状や入院期間、受診する医療機関によっても違いがあります。通院や入院でかかる費用は前もって、目安の金額を聞いておくことをおすすめします。そして自立支援医療と言う公的制度に適応した場合、原則1割負担まで自己負担額が軽減されるようです。精神科デイケアは健康的な社会生活を送ることが目標で社会復帰や再発予防を目指します。生活リズムを改善したり対人関係の訓練や、就学と就職までの支援など精神科デイケアに通えばサポートしてくれます。通う期間に定めは無く半年の患者もいれば数年通う患者もいます。精神科デイケアに掛かる費用は自己の10割負担で、大規模施設と小規模施設で若干違いがあります。

新宿の精神科に電話かメールで相談する事ができます。事前に様々な内容や不安点を確認してから来院する方法も取れます。