可能性は無限大!オリジナルTシャツの魅力とは?


オリジナルTシャツが活用できるシーン

普段着としてはもちろん、下着やパジャマ代わりとしても活用できるTシャツは、幅広い世代の人に人気があります。そのため、多くの人が愛用しているのではないでしょうか。洗濯や手入れも手軽にできる点でも重宝されています。このように身近で便利なTシャツですが、自分だけのオリジナルTシャツをつくることで、より愛着を感じることにもつながります。さらに、趣味グループやイベントスタッフのユニフォームなど、いろいろと可能性が広がるのがうれしいですよね。

Tシャツを選ぶときのポイント

Tシャツづくりに際しては、着る人のニーズを意識することが大切です。Tシャツの素材はもちろん、色や形状なども考慮する必要があります。メンバー全員が同じ色のTシャツにするのではなく、複数の色から好みに応じて選べる形もよいでしょう。ワンポイントを入れる場合は、デザイン選びが大きな課題になります。イベントで着用する場合は、それをイメージできるようなデザインを意識するとよいかもしれません。しかし、派手なデザインを好む人ばかりではないと考えておきましょう。

ほかの用途での活用も考えよう

一度限りのイベントでTシャツをつくる場合は、イベント終了後に活用できることも意識したいところです。Tシャツはイベントの記念として残りますが、日常生活での着用を希望する人もいるかもしれません。普段着として着るためには、あえて文字などを入れないという選択肢もあります。せっかく、お金を出してつくるTシャツです。オリジナルTシャツをつくるときは、メンバー個々の意見を尊重することが大事ではないでしょうか。

どの学校でも定番になっている文化祭や体育祭での各クラスのオリジナルTシャツ。祭りのあとで普段着としても着られるようにデザインしてあると嬉しいですね。